読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲子園へ行こう-甲子園の観光・駐車場・宿泊・グルメ情報-

兵庫県西宮市にある甲子園に来る人のために地元民が発信するブログ

イオン甲子園店(旧:ダイエー甲子園店)閉店の報せを聞いて地元民が思い出を紐解いてみた

イオン甲子園店が閉店するそうな

f:id:amemaa:20170328032718j:plain

 

こんにちは。

2017年3月27日にとても寂しい報せが届きました。

 

www.sankei.com

 

約1年前にダイエーからイオンに経営が引き継がれましたが、地元民としてはいつもの癖で「ダイエー」と呼んでしまっていたところが、そろそろ「イオン」と呼べるようになって来たところだったのですが 笑

 

思えば、2004年にららぽーとが出来た頃から、近所でも存在感が弱まっている印象はありました。でも駅近だから仕事帰りに夕飯の買い物をするのには便利だったし、なんだかんだでよく利用していたので、残念です。

 

現イオン甲子園店の歴史を紐解いてみる

現在イオン甲子園店がある場所は、元々は高校があった(私は幼少期だったので記憶はありませんが)のですが、その後長らく広大な空き地でした。当時はノボテル甲子園(旧:都ホテル)もまだ建設されていなかったはずなので、あの一帯は近所の犬の散歩コースみたいになっていたように記憶しています。

 

1993年にプランタン甲子園と言う名前で、現在の建物ができましたが、それまで甲子園には商業施設は何も無かったので、一歩都会に近づいた感がありました。それからプランタンはダイエーに名前を変え、阪神タイガースのお膝元にダイエーがあると言う、よく分からない状態でしたが、地元の人や野球観戦に来る人たちに本当に愛された施設でした。

f:id:amemaa:20170328032711j:plain

 

これは現イオンでもそうなのですが、野球開催日になると地下の食料品フロアにはお弁当や惣菜を求める阪神タイガースファンでごった返して、レジには常に長蛇の列ができます。

仕事が早く終わった日などは、晩御飯の食材の買い出しとバッティングするので、ゲンナリしならも、その活気ある光景が無くなると思うと寂しいものです。

 

クレープ屋のディッパーダン、にしむら珈琲、ステーキ屋…無くなるには惜しすぎる

f:id:amemaa:20170328034629p:plain

イオン甲子園店(旧:ダイエー甲子園店)で忘れてはいけないのが、長らく愛された飲食店です。クレープ屋さん「ディッパーダン」は、甲子園住民にクレープと言う当時最先端の食べ物を伝えてくれた伝道師でした。クレープの日にしか利用しなくてごめんなさい。

2階にある「西村珈琲」は、近所にマクドナルドが出来ようがフードコートにミスドが入ろうがどこ吹く風。大人が利用できる落ち着いた喫茶店でした。最近駅前にコメダ珈琲が出来たことで客足も鈍っていた印象がありますが、私は西村派でした。今度からは神戸にある西村珈琲を利用します。

地元民も気付かないぐらい、いつの間にかひっそりと出来ていた、地下にあるステーキ屋さんの「ステーキ屋さん」。何のひねりも無いシンプルな店名に違わず、腹の減った地元民の胃袋を十分に満たしてくれるガッツリメニューが売りの男らしいお店でした。

川藤のラーメン屋もありますが、それはまあいいか。

飲食店が極端に少ない甲子園と言う街には、名店と呼べるようなお店はほぼ存在しないけれど、地元民からしたら愛しいお店ばかりです。例え他の街にも出店しているチェーン店であっても、甲子園の街に居を構えた瞬間から、やっぱり同胞なのです。

 

ららぽーと甲子園は綺麗だし、西宮ガーデンズはお洒落だけど、プランタン時代からずっと続く、あの地元のスーパー感満載の時代遅れな商業施設の良さを私は知っているつもりです。

これまでお疲れさまでした。そしてありがとうございました。5月の閉店までは今まで通り利用します。

甲子園球場の格安駐車場はakippa(アキッパ)で事前予約が2017年現在最強!地元民調べ

f:id:amemaa:20170327002941j:plain

センバツ高校野球を皮切りに活気づく甲子園の街

今年もセンバツ高校野球が始まりました。

毎年この時期になると、野球のオフシーズンが終わりを告げ、甲子園の街には野球観戦に来るお客さんでいっぱいになります。センバツ高校野球の開始と同時に、街全体が一気に活気づくのですね。

春の知らせは泊まり込みの行列が知らせてくれる

センバツ高校野球が開会する2,3日前から、甲子園球場の正面入り口の付近には寝袋を持ち込んだコアな高校野球ファンが、泊まり込みで列を作ります。甲子園在住の地元民は、まだ夜は肌寒い季節のその光景を見て「今年も春がやって来たんだなあ」と実感するのです(笑)

センバツ高校野球が始まると、阪神電車の甲子園駅、駅前のイオン(旧ダイエー)、ららぽーと甲子園など、球場の周辺が沢山の野球ファンで溢れかえります。普段はお買い物などで日常的に使っているお店に人が増えるため、少し不便な思いをすることもあるのですが、街の経済が活気づくことを喜んでいます。

 

 

甲子園に住んでいるとめっちゃ聞かれる質問「甲子園球場の近くって駐車場無いの?」

兵庫や大阪に住んでいると、自然と周囲には阪神タイガースファン、野球ファンが多いです。なので、知人が甲子園球場に観戦に来ることもしばしば。そんな時によく聞かれるのが「甲子園球場に車で行きたいんだけど駐車場ってどうしたらいいの?」と言う質問。遠方の友人が高校野球やプロ野球を観戦に来る際にも、同様の質問をされます。

まず、結論から言っておくと、甲子園球場自体が運営しているオフィシャルな駐車場は存在しません

 

余談:甲子園球場付近はかつては路上駐車天国だった

f:id:amemaa:20170327010711j:plain

私の記憶では15年ほど前までは、甲子園球場で野球の試合やイベントがある際には、付近の道路に路上駐車をする車があとを絶たなくて、試合の度に警察に駐禁を取られまくっていました。

何らかのキッカケがあったのか、甲子園に限らず時代の流れ的なものなのか、路上駐車狙いの車の生活道路への侵入が、ある程度規制されるようになったことで、今では路上駐車をする車はほとんどいません。有名なオマリーの「駐車場はありまへん」的なポスターが掲出されるようになったのもこの時期だったように記憶しています。

f:id:amemaa:20170327004454j:plain

なので、今も甲子園球場のすぐ近くにある甲子園警察は常に目を光らせているため、もし路駐しようものなら、確実に駐禁を取られます

 

 

商業施設の駐車場は不便で高すぎるので、せっかく車で来たメリットなし

f:id:amemaa:20170327031218j:plain

先ほど「オフィシャルな駐車場は無い」と書きましたが、周辺の商業施設(イオン、ららぽーと)の駐車場は存在します。料金的には特別料金になりますが、運が良ければこれらの駐車場は利用可能です(野球観戦だけを目的とした駐車は禁止されていますが、一旦その件は置いておきます)。ただ、生まれも育ちも甲子園の地元民からすると、ららぽーとへの駐車はまったくおすすめしません。

 

ららぽーと甲子園の野球開催日の駐車料金は最低でも6000円

まず、これら激戦区の駐車場は駐車料金がめっちゃくちゃ高いです。3時間以上の駐車をすると6000円がプラスされます。ららぽーと甲子園で買い物をしたら〇〇時間無料になる、と言う<基本料金とは別>で、特別料金の6000円が絶対に加算されるのです。

 

さらにさらに、特別料金のことを知ってか知らずか、それでもららぽーと甲子園に駐車しようと思う猛者は多いため、入庫までめっちゃくちゃ並びます。ナイトゲームを観に来たのに昼過ぎには甲子園球場付近に着いておかないと、試合に間に合わないなんてこともザラにあります。

ただ、ららぽーとの入庫のための待ち時間を読むのは非常に難しく、意外とスルっと入れた日もあったなんて話も聞いたりするため、もし予定よりも早く入庫できたら、それはそれで駐車料金がとんでもないことになるため、ほとんど運任せ(笑)。

満員電車を回避して快適に球場に向かうために車で来たのに、結局無駄に時間を浪費してしまっては本末転倒ですよね。

 

そもそも甲子園はオフシーズンになると閑散とするためコインパーキングの数自体が少ない

甲子園と言う街は、野球のシーズン以外は静かな街です。たまに、野球の無い日でも甲子園球場を観光に来る人はいますが、基本的に街を歩いているのは地元の人ばかり。また、会社が多く立ち並ぶようなビジネス街でもなく、飲食店の数なども非常に少ないです。ららぽーと甲子園にキッザニアが出来たことで、他府県の人が来訪することもありますが、総合的に見れば「大都会でもないし田舎でもない」と言う印象の街と言えます。そのため、タイムズなどのコインパーキングは1年を通して安定した収益を上げづらく、数が非常に少ないです。ららぽーとに来る人は皆ららぽーとの駐車場に停めますし。

しかし、野球開催日になると多くの人が車でやって来るため、需要と供給のバランスが崩れてしまいます。野球がある日に街を歩いていると、駐車できる場所を探して甲子園付近をウロウロしている車を見掛けたり、「駐車場ありませんか?」って車越しに聞かれたりもよくあります。

 

では、そんなコインパーキングの少ない甲子園で確実に駐車場を見つける方法をこっそり教えちゃいます。

 

 

地元民だからこそ知る裏ワザ=家族経営の格安駐車場をレンタル

f:id:amemaa:20170327033318j:plain

甲子園球場に来たことがある人なら知ってるかもですが、付近では海水浴場みたいな感じで「駐車場空きアリ」などのプラカードを持ったおじさん・おばさんをたまに見掛けます。あれは、自営のコインパーキングや、自宅の駐車場の一部を貸し出している地元の人たちなんです。

10年ほど前から、甲子園界隈で自宅の駐車場スペースに余裕がある家庭が、ポツポツとやり始めたのですが、最近では数が増えてきています。ただ、一般家庭のお父さんお母さんが副業として経営しているところがほとんどのため、ホームページなどがあるわけでもなく、なかなか情報が出回らないのが現状です。

また、ほとんどの自営駐車場は常連さんがすでに電話で予約を取っている場合が多く、当日にいきなり空いていることは稀です。なので、当日にプラカードを持った人を見かけて、駐車場に入ることが出来た経験がある人は、結構ラッキーなんですよね。

では、これらの民間の自営駐車場を確実に利用する方法は、と言うと。。

 

 

ここに来てインターネット予約ができる救世主=akippa(アキッパ)登場ですよ

 >>【akippa(あきっぱ!)】

 

akippa(あきっぱ)って言うのは、空いた土地を使って気軽に駐車場を経営したい人と、利用者を繋ぐサービスです。最近、流行っている民泊の駐車場バージョンだと思ってもらえれば理解しやすいかな。

私が思うに、甲子園球場付近の駐車場で、安いところ、かつ事前に予約できるところを探すには、akippaが2017年現在では最強のやり方です。

 

実際に「甲子園球場」で検索してみると…ぎょうさんあるやないか!

f:id:amemaa:20170327034333j:plain

上の画像は、実際にakippaで「甲子園球場」と言うワードで検索したときの検索結果画面ですが、見てのとおり穴場的な自営駐車場がわんさか出てきます。値段や球場からの距離はピンキリではありますが、これだけの数から選べるのはありがたいですよね。

 

料金はタイムズやモールの駐車場よりもずっと格安。早めの予約がカギ

当然ながら、全体的に見ると駐車料金はタイムズなどのコインパーキングに停めるよりもずっと安く収まることが多いです。akippa自体が、まだまだ老若男女に知られているサービスではないので、今なら予約も比較的取りやすいです。

とは言え、すでに球場のすぐ近くの駐車場に関しては近日中の野球開催日は予約待ちで埋まっている状況なので、早めに予約を取るか、甲子園駅から1,2駅隣りの駐車場に車を止めて、電車またはタクシーで球場まで向かう。と言うのも、視野に入れておいた方がいいでしょう。特にプロ野球開幕後は一気に埋まっていくので、早めに見ておきましょうね。

 

参考:甲子園球場までタクシー代2000円ぐらいまでで収まりそうな近隣駅

甲子園から西側:久寿川駅(阪神)、今津駅(阪神・阪急)

甲子園から東側:鳴尾駅(阪神)、武庫川駅(阪神)

甲子園から北側:甲子園口駅(JR)、西宮北口駅(阪急)※ちょい遠いので電車のがいいかも

※南側の浜甲子園付近に駐車するのも可能ですが、交通の便がめちゃくちゃ悪いのでおすすめしません。

 

 

快適な野球観戦のためには駐車場の事前予約で段取りよく!

f:id:amemaa:20170327040859j:plain

と言うわけで、地元の皆さんが少しでも活気づけば。と言う気持ちも込めながら、自営駐車場と、それらを予約するためのサービス【akippa(あきっぱ!)】 についてご紹介しました。 

家族・友人・恋人などと一緒に観戦に行くときに、駐車場を探して無駄な時間を使うと、空気も白けちゃいます。ぜひ、しっかりとした段取りをして甲子園にお越しください。

 

ではでは。

当サイトは兵庫県西宮市の甲子園生まれ甲子園育ちの管理人が甲子園の魅力を発信するために運営しています。